1. ★キレイの種★美を導く水★

Re maniのお知らせ詳細

★キレイの種★美を導く水★

'09/12/05 18:05

普段何気無く価格やボトルのデザインから選んでいる事が多いミネラルウォーターですが、本当に自分に適したお水って、どのタイプの物なんだろう…
と、考えてしまう事、ありませんか?

今日は東洋医学の観点【五臓】から考える、【美】を導く為に最適なお水の選び方をご紹介しますね( ´∀`)

その日のコンディションや普段からの体質、また性格等と照らし合わせて、より適したお水を見付けてみてください★

【肝】…マグネシウムの多い欧米の硬水がオススメ
(ストレスがある。決断力不足。公正な判断が出来ない。筋肉が硬い。)

【心】…カリウムの多い欧米産の超硬水がオススメ
(頭痛やめまい、疲れ。イライラしやすい。気持ちの浮き沈みが激しい。)

【脾】…常温の炭酸入り軟水がオススメ
(胃腸の働きが悪い。代謝が悪くムクミ易い。体がだるい。不眠。)

【肺】…カリウムの多い、国産軟水がオススメ
(便秘や肌アレれが気になる。解って貰えない悲しみ。気力の低下。)

【腎】…マグネシウムとカルシウムバランスの良い欧米の中硬水(硬度178~357mg/L)がオススメ
(腰痛や骨粗鬆症の悩み。免疫力の低下。冷え。恐れを感じてビクビクしてしまう。)

★何よりも大切な事は、飲んだ時に本当に【美味しい!!】と思えるお水であるかどうかです。
心から美味しいと思えるお水こそが実は身体に最も適していて、お肌や心の美容と健康に役立つ物なんですよねっ( ´∀`)

より良いお水で水分を摂取したら、必ず体内のお水の入れ替えも忘れずに!!
余分な水分は溜め込んでしまうと冷えやムクミの原因になります。
汗をかいたり、我慢せずマメにおトイレに行ったりして、体内の毒素を効率良く排泄してあげられる様、心掛けてあげてください。

今回またまた久々の更新になってしまったキレイの種ですが、最近よく『とっても役に立ってるよ』『いつもチェックしてるよ』とのお声を頂き、嬉しい限りです(≧∀≦)

皆様のキレイの為に、もう少しコツコツと更新して行かねば…と、思っております(^ω^;)
お知りになりたいテーマ、こんな時どうすれば…といったご質問等があれば是非、こちらのページ1番下の【ご意見箱】機能にてコメントをください。

こちらでお答えして行く事で、1人の【?/疑問符】を多くの女性の【美】へと繋げて行けたら幸せです★

Re maniのお知らせ一覧へ戻る>>